うまく書けないことを受け入れる
先週の日曜日、3時まで起きていた。 月曜日には仕事があるから、早く寝なければと思いつつスマホをいじっていた。 11時までに会社にいけばよいから、10時まで寝るとすると、7時間寝れる。だいじょうぶ。 しかし、案の定、翌日は終日ぼーっとしていた。 となりの席の方に、だいじょうぶですか、と心配された。 3時まで起きているのは久々だった。 寝ればい ...
神頼みの職業選択
気づいたらプログラマーとして10年働いていた。 今はWebサイトをつくる仕事をしている。 これからどうやって生きていこうか。 一度振り返ってみることにした。 初めての就活 就活の際、どんな仕事をしようかなぁと悩んだ。 やりたいことなど特になかった。だから、これからの世の中で必要とされることをしようと思った。 何が必要とされるかさっぱりイメージがわかないから、 ...
山田ズーニーさんの表現講座で書く力に可能性を感じた
山田ズーニーさんの「伝わる・響く!言葉の表現力をつける」第14期を受講した。 受講したと言うと講師の方の説明をひたすら聞くイメージがあるのだけど、 実際は聞くのが2割、実際にやってみるのが8割で、とにかくアウトプットすることに時間が割かれていた。 講座は全3回で構成され、各4時間ある。 映画を2本ぶっとうしで見るくらいの長さがあるけど、振り返ればあっという間だっ ...
Python3.7でtuple、namedtuple、list、dict、自作オブジェクトのforループ
ループさせる方法が型によって微妙に違うので、tuple、namedtuple、list、dict、自作オブジェクトのループの仕方をまとめた。 tuple tupleの値をループする そのままfor 変数 in タプルとすればループできる。 tpl = ('hoge', 'fuga', 'piyo') for t in tpl: ...
Python3.7でenumを定義し、文字列からEnumを生成する、Enumの値から文字列を取得する、一覧を取得する、振る舞いを持たせる
HTTPリクエストで送られてくる文字列の取りうる値が決まっている。そういう場合に、サーバー側で取りうる値が限定されていることを示すために、文字列からEnum(列挙型)に変換したい。 また、レスポンスはEnumから文字列にして値を返したい。 そこで、PythonにおいてEnumをどう扱えばいいか見ていく。 なお、確認したPythonのバージョンはPython ...
Cloud FirestoreからPython3.7でdocument一覧、subcollectionのdocument一覧を取得する
Cloud FirestoreをPython3.7からgoogle-cloud-firestoreを使ってデータを取得する。 以下のデータ構造から一覧を取得する方法をまとめる。 rooms [collection] name messages [subcollection] from ...
Flask + Nuxt.js(spa) + axiosでCSVファイルをmultipart/form-dataによりアップロードする
Flask + Nuxt.js + axiosでCSVファイルをmultipart/form-dataによりアップロードする。なお、Nuxt.jsのモードはspaにしている。 FlaskとNuxt.jsの連携を確認したいので、バリデーションやエラーのハンドリングはしない。 まずFlaskでファイルのアップロードを確認し、その後Nuxt.jsでファイルをアップ ...
Nuxt.jsでdotenv-moduleを使い、nuxt.config.jsから値が読み取れないときの原因と対応
.envのファイル名を変更したり、パスを変更しているとnuxt.config.jsでrequire('dotenv').config()しても設定を読み込めない。 require('dotenv').config({ path: envPath })のように、config()の引数でファイルのパスを指定すれば読み込めるようになる。 以下 ...
python-fireで作ったCLIアプリを1行ずつ確認しながらDocker上で動くようにする
PythonでCLIアプリケーションを作る。python-fireというライブラリを使うことで、関数やクラスのメソッドを簡単にコマンドラインで実行できるようになる。このPythonで作ったCLIアプリケーションをどの環境でも動かせるようにするべくDockerにのせていく。Dockerに ...
PythonでJSON文字列をdictに変換する
PythonでJSON文字列をdictに変換するには、Python 標準ライブラリのjson.loads(JSON文字列)を使う。 ヒアドキュメント('''で複数業の文字列を囲む)によりJSON文字列を宣言し、json.loads()でdictに変換する。 読み込んだものが文字列、数値に変換されていることを確認する。 json_test.py ...